Skip to content

クラスC完全分散 海外の支社と連携。スケールメリットを活かしてサービスを運用しています。

IP アドレスは「155.120.20.180」のようにドットによりセグメントが区切られています。 左からクラスA「155」、クラスB「120」、クラスC「20」、クラスD「180」のようにクラス分けされます。 クラスC 分散サーバとは、このクラスC 以上でIPアドレスを分散させることを意味します。 当サービスでは最大2,000以上のクラスC のIP アドレスをご提供可能です。

IPアドレスの管理を世界規模で行っているIANA (Internet Assigned Numbers Authority)が、2011年2月3日に新規でのIPv4アドレスの新規割り当てを停止しました。これにより、アジア・太平洋地域のIPアドレスを管理するAPNIC の在庫が枯渇し、APNICとIPアドレスの在庫を共有している日本のIP アドレスを管理するJPNIC でも新規でのIPの割り当てを停止しております。

IP アドレスの枯渇問題にともない、IPアドレスを分散させることが世界的に難しくなっています。分散させることが難しいため、価値が高まっていると言うこともできます。当社ではクラスC 以上のIP 分散を実現するため、日本だけではなく、海外の拠点などとも協力して、アメリカ・ヨーロッパ・アジアの各国のデータセンターと直接交渉を行いIP の確保を行っております。


Multi Domain  image